眼科なかのぶ医院

眼科なかのぶ医院

MENU

診療案内

Medical guidance

ドライアイ

ドライアイ

最近、パソコンやスマートフォンなどの普及により目を酷使して、目が疲れやすい、あるいは何となく目に不快を感じるという人が増えています。目に不快感があると仕事のみならず、日常生活でも大きな不便を感じたり、肩こり、頭痛、吐き気などの症状を招いたりすることがあります。こういった症状の原因の一つとしてドライアイがあります。

ドライアイとは、涙の質が少なくなったり、量は十分でも涙の質が低下したりすることにより、眼球の表面を潤す力が低下した状態です。そのため眼の表面に傷がつくことや、目に入ってきた細菌や花粉などの異物を涙ですぐに洗い流すことができなくなり、感染症やアレルギーなどの炎症が起こりやすくなります。

目が重い、目やにが出る、目がゴロゴロするなどのちょっとした不快感があればお気軽にご相談ください。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎

アレルギーとは、外から入ってくる異物に対して、体の免疫反応が過剰に起こることを言います。目のアレルギーを起こす原因物質(アレルゲン)としては、ダニ、カビ、動物の毛や花粉などが代表的です。アレルギーを起こすと目やまぶたが痒くなり、充血を来たし、白っぽい目やにが出ます。

特に春先のスギ、ヒノキや夏のイネ科植物の花粉、秋のブタクサなどキク科植物の花粉による季節性のアレルギーでは、初期療法として飛散時期の2週間くらい前から抗アレルギー剤の点眼や内服を始めると、症状の悪化をより抑制しやすいと言われます。毎年同じ時期に症状を繰り返す方は、早めにご来院していただければと思います。

小児眼科

小児眼科

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ、明るさがわかる程度といわれています。その後、ものを見ることで視力は発達し、大体3~5歳くらいで視力は完成されます。しかし何らかの原因で視力が途中で止まってしますことがあります。これを弱視といいます。弱視は外見では分かりにくいため、見過ごされやすく、なかなか気付くのが難しいのが現状です。また、視力の成長は8~10歳くらいで、その後は成長しないと言われております。

弱視を見逃さないために、3歳児検診があります。しかし、3歳児での視力検査は再現性が乏しいため、検診だけで弱視を判断するのは難しいのが実状です。

お子さんが目の向きに異常を感じたり(斜視)、片目を隠すと怖がるようならば早めに御来院していただければと思います。