眼科なかのぶ医院

眼科なかのぶ医院

MENU

診療案内

Medical guidance

緑内障

緑内障

日本人における視覚障害の原因疾患の第一位は緑内障です。治療せずに放っておくと失明につながるおそれがあります。40歳以上の日本人の20人に一人が緑内障と言われております。

緑内障は視野(見える範囲)が狭くなってくる病気です。片目に見えない部分があっても、両目では見えるため、病気に気付かないことがほとんどです。また緑内障は目の神経に異常をきたすため、治ることはなく一度進行してしまえば元には戻らない病気です。そのため、健康診断などの定期的な検査が重要となっております。緑内障を早期に発見し、治療をきちんと受けていれば、多くの場合、失明に至ることはありません。早期発見と治療を継続することが大切です。

緑内障の治療

緑内障において一番重要なことは眼圧のコントロールです。特に日本人の場合、眼圧は正常範囲でもかかわらず、緑内障を発症する人が多いことがわかっています。そのため、緑内障の治療としては、まず眼圧を一定の値に安定させることが大切です。眼圧を目標値に安定させることで緑内障の進行を遅らせる効果があります。初期~中期までであれば目薬だけで眼圧をコントロールできることが多いです。しかし点眼で眼圧コントロールが不良な場合では、手術的加療をする必要があります。手術加療としては、レーザー加療やインプラント手術などがあります。

健康診断などで緑内障の疑いと言われた方は一度受診することをお勧めします。