眼科なかのぶ医院

眼科なかのぶ医院

MENU

診療案内

Medical guidance

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症として起きてくる眼の病気です。予備軍も含めると2,000万人といわれる糖尿病の患者数の多さもあって、糖尿病網膜症は緑内障とともに成人してから失明の大きな原因疾患となっています。

糖尿病には、のどが渇く、多尿などの症状がありますが、これらは病状がかなり悪くならないと気づきません。そのため初期~中期では自覚症状はほとんどないために、糖尿病に気が付かないことや、健康診断で指摘されても放置している方も少なくありません。しかしその間にも糖尿病は確実に進行し、合併症が悪化していきます。

糖尿病の合併症としては網膜症、腎症、神経症と言われています。糖尿病網膜症は一度進行すると改善することは困難であり、放置すると失明に至る病気で、早期発見、早期進行抑制が重要となります。網膜症の進行は大きく三段階に分かれています。

初期の
段階

糖尿病発症後、3~5年くらいで糖尿病網膜症を発症しやすいといわれておりますが、自覚的には不自由はありません。しかし、目の奥(眼底)を見ると、小さな出血や血流異常などの異常が出現していることがあります。

中期の
段階

眼底に大きな出血、血流の遅延、目の中心(黄斑部)の浮腫が出現しています。自覚症状としては軽度の視力低下やゆがみなどの症状が感じられます。

末期の
段階

糖尿病網膜症の進行抑制において一番重要なのは、糖尿病のコントロールです。かかりつけの内科の先生との連携が不可欠です。また中期以降では、進行抑制のために外科的加療が必要となります。外科的加療としては、レーザー加療、硝子体注射、硝子体手術があります。

早期発見のためには、定期的な通院診察が不可欠です。糖尿病の方は早期の受診をお勧めします。

糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症の進行抑制において一番重要なのは、糖尿病のコントロールです。かかりつけの内科の先生との連携が不可欠です。また中期以降では、進行抑制のために外科的加療が必要となります。外科的加療としては、レーザー加療、硝子体注射、硝子体手術があります。

早期発見のためには、定期的な通院診察が不可欠です。糖尿病の方は早期の受診をお勧めします。